【WALES BONNER】 A MAGAZINE CURATED BY GRACE WALES BONNER
【WALES BONNER】 A MAGAZINE CURATED BY GRACE WALES BONNER
【WALES BONNER】 A MAGAZINE CURATED BY GRACE WALES BONNER
【WALES BONNER】 A MAGAZINE CURATED BY GRACE WALES BONNER
【WALES BONNER】 A MAGAZINE CURATED BY GRACE WALES BONNER

【WALES BONNER】 A MAGAZINE CURATED BY GRACE WALES BONNER

通常価格 ¥5,500
単価  per 
税込

A Magazine Curated By』は、2014年、ロンドンを拠点に自身のファッションブランド、ウェールズ ボナー(Wales Bonner)を創設した、ジャマイカ系イギリス人デザイナーのグレース・ウェールズ・ボナー(Grace Wales Bonner)を第22号のゲストキュレーターとして迎える。

デビュー時に披露した2015年秋冬コレクション「エボニックス(Ebonics)」から最新の2022年春夏コレクション「ヴォルタ ジャズ(Volta Jazz)」に至るまで、グレースは地上における「ブラックネス(黒人性)」の優位性やその神話を探求し、それらが持つ文化的な文脈を自身のデザインに織り込んできた。ウェールズ ボナーのコレクションやプレゼンテーションなどの表現方法は、多様なアイデンティティを包括し、その美の表現を捉えている。今やファッション業界の最先端に位置づけられる彼女の美学は、テーラリング技術とストリートでのカジュアルな装いやそれを纏う人々のジェスチャーを融合させることを試みている。

Rhapsody In The Street」と題された本号では、20世紀の黒人の詩や文学、ポートレイト写真の伝統に呼応して、アーカイブに収められている代表的な作品や歴史的な資料をデザイナーのグレース・ウェールズ・ボナー(Grace Wales Bonner)が厳選し、新たに制作依頼したエッセイ、絵画、ポートレイトと組み合わせた「A Magazine Curated by」シリーズ第22弾。マット紙とグロス紙の組み合わせに小口の金付け加工と、ブックオブジェとしても美しく作られている。さらに、本号にはカメルーン人フォトグラファー、サミュエル・フォッソ(Samuel Fosso)の「Autoportraits II」シリーズからのプリントがランダムに1枚、本誌内に差し込まれている。

ミン・スミス(Ming Smith)のセルフポートレイトから、ミュージシャンのダミアン・マーリー(Damian Marley)を撮ったスティーブン・トレイラー(Steven Traylor)の映画の一場面のようなストーリー、アフリカのファッションモデル、セレーナ・フォレスト(Selena Forrest)の本質を写し出したゾーイ・ガートナー(Zoë Ghertner)のストーリー、ポール・ムパギ・セプヤ(Paul Mpagi Sepuya)がスタジオで撮影した作品、イギリスのファッションレーベル「ウェールズ ボナー」(Wales Bonner)のデビューとなった2017年春夏コレクション「Ezekiel」を振り返ったタイラー・ミッチェル(Tyler Mitchell)の作品まで、ロサンゼルス、ロンドン、マイアミ、パリ、ニューヨークで撮影されたビジュアルポートフォリオを収録。

他にも、ジャマイカのダンスホールの伝統についての対話、ニューヨーク市ハーレムの写真家集団「カモインゲ」(Kamoinge)に関するエッセイ、ガーナの未公開映画写真アーカイブ、リネッテ・イアダム=ボアキエ(Lynette Yiadom-Boakye)の絵画と詩、ジョン・ゴトー(John Goto)の代表作「Lovers' Rock」シリーズとロジャー・ロビンソン(Roger Robinson)の新作の詩などを収録。また、冒頭と巻末では、ナイジェリア人小説家、詩人のベン・オクリ(Ben Okri)が祝福を述べている。