ETS.MATERIAUX / SABA


2003年、渋谷のファイヤー通り沿いにオープン。
1994年にパリの4区に生まれたANATOMICAのスタイルに共感し、ヨーロッパのメンズファッションの歴史と伝統、品質と機能美の追求をブランドのアイデンティティとしていました。
その当時セレクトショップブームの最中にあっても異才を放った存在でありながらも、ETS.MATERIAUXは多くの目利きのお客様に惜しまれながら約5年間でその幕を閉じました。

2021年春、当時バイヤーを担った金子恵治ディレクションのもと、ひとつのブランドとして新たにスタートを切ったEts.MATERIAUX。
"outil"のデザイナーである宇多悠也氏、"blurhms"のデザイナー村上圭吾氏の2名をデザイナーに迎え、
ヘルシー、コンフォート、リラックス
「経年が着心地の良さにつながり完成していく」をコンセプトに、今必要とする服が生み出された起源を辿り、日常着の本質を再定義する。

 

-SABA-

「私にとってかけがえのなかった服を、ある人にとってかけがえのない服へ」

本作限りのワンオフレーベル”SABA”を発表します。

名作や名品にはなれなかったあの服にフォーカスを当てて再リリース。

 

L'ECHOPPE コンセプターである金子恵治氏の私物から生まれた、

名作や名品にはなれなかったあの服にフォーカスを当てて製作された珠玉のアイテム群。