AIR GARMENTS


現代の社会問題、ファッション業界の中でも頻繁に使用されるようになったSDGs、サステイナブルという言語のRYOHEI KAWANISHI( @ryohei_kawanishi )ならではの解釈をAIR GARMENTSという作品を通して表現されています。

AIR GARMENTSは、帰国後から活動の拠点としている鳥取で出会った西川商会という山陰エリア最大の自動車リサイクル事業を行う企業と協業で、有効活用の難しかった「使用済みエアバッグ」の新たな活用方法を模索したプロジェクトです。

今回はRYOHEI KAWANISHIが日常で着ており、愛着のある洋服達をAIR BAGの素材でリデザイン。
その一つ一つには本人の経験したストーリーが反映されており、それもまたデザインの一部となっています。