【CHARLOTTE PERRIAND】 THE MODERN LIFE EXHIBITION CATALOGUE
【CHARLOTTE PERRIAND】 THE MODERN LIFE EXHIBITION CATALOGUE
【CHARLOTTE PERRIAND】 THE MODERN LIFE EXHIBITION CATALOGUE
【CHARLOTTE PERRIAND】 THE MODERN LIFE EXHIBITION CATALOGUE
【CHARLOTTE PERRIAND】 THE MODERN LIFE EXHIBITION CATALOGUE
【CHARLOTTE PERRIAND】 THE MODERN LIFE EXHIBITION CATALOGUE
【CHARLOTTE PERRIAND】 THE MODERN LIFE EXHIBITION CATALOGUE
【CHARLOTTE PERRIAND】 THE MODERN LIFE EXHIBITION CATALOGUE
【CHARLOTTE PERRIAND】 THE MODERN LIFE EXHIBITION CATALOGUE
【CHARLOTTE PERRIAND】 THE MODERN LIFE EXHIBITION CATALOGUE

【CHARLOTTE PERRIAND】 THE MODERN LIFE EXHIBITION CATALOGUE

通常価格 ¥6,820
単価  per 
税込

フランス人建築家でありデザイナーのシャルロット・ペリアン(Charlotte Perriand)による作品集。2021年にロンドンの「デザイン・ミュージアム(The Design Museum)」で開催された展覧会に伴い刊行された。デザインした家具は不朽の名作として知られているが、単なる家具デザイナーではなく、建築と家具が一体となっているモダンな空間そのものを作り上げることを目指していた。作者はそれを「アート・オブ・リビング(the art of living)」と呼び、統合的なアプローチで長年取り組んできた。本書は、1920年代から20世紀末にかけての長いキャリアを、美しい図版とともに広く紹介する。モダニズムのパイオニアであり、多大な影響を与えてきたデザイナーでもあるが、同時にダイナミックで冒険心に溢れ、社会問題にも関心高く、協働することも好んでいたその人間性にも光を当てている。「モダンライフ」とは何だったのか?常にそのことを追求し、ある意味その定義づけにも貢献し確実に実践していた作者の生き様とアティチュードを感じられる1冊である。

「デザイン・ミュージアム」のディレクター兼チーフエグゼクティブであるティム・マーロウ(Tim Marlow)、同美術館のチーフキュレーターであり評論家のジャスティン・マクガーク(Justin McGuirk)、オープン大学の美術史分野で名誉教授を務めるティム・ベントン(Tim Benton)、ドキュメンタリー映像作家であるジャック・バルザック(Jacques Barsac)、デザイン史家であり作家のペニースパーク(Penny Sparke)、デザインやクラフト、現代美術を専門とするキュレーター、作家、歴史家のグレン・アダムソン(Glenn Adamson)、編集者であるセバスチャン・チェルエット(Sébastian Cherruet)、建築家であるジェーン・ホール(Jane Hall)が寄稿。